まっぱになるとゴスッと黒ずみ-ゴスマッパ-

デリケートゾーンの黒ずみは何故酷くなる?

股の黒ずみが酷くなる原因はいくつかあります。例えば、メラニン色素の沈着によるもの。これは、日焼けと原理は同じで、肌の防衛本能が働くことで起こります。

 

日焼けの場合、紫外線を浴びると紫外線から身を護るために肌を黒くして抵抗します。もし肌が黒くならければ、紫外線によって炎症や水ぶくれが生じます。

 

それと同じで、摩擦刺激に対しても肌が黒くなって抵抗します。下着の締め付けやこすれ、カミソリや毛抜きになどの自己処理を続けると肌にダメージが蓄積されます。

 

その継続的な刺激がメラニンを発生させ、そのメラニンが上手く体外に排泄されないと黒ずみとして残るのです。

 

黒ずみは女性ホルモンの影響で酷くなることもあります。これは、女性ホルモンのエストロゲンの影響が大きいです。

 

エストロゲンの役割は、女性らしく丸みをおびた体を作ったり、卵胞の成熟を促すなど、女性にとって無くてはならない働きをしますが、それと同時に皮膚に対してはメラニン色素の生成も促してしまいます。

 

乳首、アソコなど、赤ちゃんが通る道や赤ちゃんが吸う場所の皮膚を強くするために黒くなって強くしているのです。これは避けられるものではありません。ただし、産後に色素沈着が残る場合もあります。

 

続いて炎症後色素沈着によるもの。炎症後色素沈着とは、皮膚が炎症を起こして、その炎症が完治したあと、茶色く残る色素沈着のこと。

 

ニキビあと、蚊に刺されたあと、やけど痕などを想像するとわかりやすいです。その他にも湿疹や毛のう炎などで発生することもあります。掻き壊した痕が黒くなるのは炎症後色素沈着です。

 

メラニンの発生しやすさ、メラニンの量は個人差や人種差があります。適度な紫外線は肌がビタミンDを合成するために必要です。

 

でも、紫外線は浴びすぎると人体には害なので、日差しの強いアフリカなどは肌が黒く、日差しの弱い北アメリカなどは肌が白いのです。

 

黒人はメラニンが出やすいけど、黒ずんでも目立ちにくいです。白人はメラニンが出にくい。でも、ちょうど中間にいる我々日本人は、メラニンがそこそこ発生しやすく、色素沈着すると目立ちやすい。だから黒ずみで悩む・・・というわけですね。