黒ずみを解消する美白成分ってどんなものがあるんだい?

ターンオーバーが正常に戻ると黒ずみは目立たなくなる。

美白成分には、肌の生まれ変わりのサイクルを活性化するパターンのやつと、メラニンに直接アプローチするタイプのものがある。

 

例えば、水溶性プラセンタエキスなんかは前者の働きが強い。プラセンタエキスに含まれる成長因子によって細胞が活性化されて新陳代謝が活発になる。で、メラニンを体外に排泄する。その他にもコラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸などの潤い成分の生成を促進する。これは肌を活性化させる効果から来ている。

 

美白化粧水などに入っている『トラネキサム酸』なんかは後者。トラネキサム酸はもともと医療目的で開発された人工アミノ酸。

 

研究が進むにつれてメラニンを抑える働きがあることがわかり、安全性を高めた上で美白化粧水などに使われるようになった。黒ずみへのアプローチ効果は当然トラネキサム酸の方が高いけど、コストが高い。

 

なので、トラネキサム酸が含まれている化粧水やクリームは高い。一般的にトラネキサム酸が含まれているクリームの方が黒ずみ解消効果は高い。

 

メジャーなところで言うと、ビタミンC誘導体かな。ビタミンCの効果は言うまでもないけど、肌の老化を防いだり、抗酸化力を高めたりと、体のさまざまな代謝に関与する成分。

 

ターンオーバー正常化に一役買う。最近ではビタミンC誘導体とトラネキサム酸、ビタミンC誘導体とアルブチンなど、美白成分が2種類含まれている黒ずみ対策グッズも販売されている。値段はもちろん高い。

 

ただ、何もしないでただただ黒いままの自分でいるよりか、少しお金をかけてでも綺麗になった方がストレスは減る。精神衛生上とても良い結果を産む。

 

メラニンを抑える成分にはハイドロキノンなどもあるが、ハイドロキノンは取扱の難しい医療成分なのでオススメしない。というのも、冷蔵庫に保管しないとダメとか、容量を間違えると白くマダラになるとか、色々副作用もあったりする。

 

しかも基本的に皮膚科や美容皮膚科でしか手に入れる事ができず、保険ももちろん適用されない。なので高い。だからオススメしない。

 

トラネキサム酸、ビタミンC誘導体、水溶性プラセンタ、アルブチン、大体黒ずみ対策クリームにはこれらが含まれる。これらが含まれるクリームを選ぶべき。

 

ちなみに、ビタミンC誘導体の成分表記はアスコルビン酸などの名前に変わるので注意が必要。アスコルビンなんちゃらと書かれていたらビタミンC誘導体だなって考えれば良い。